連載小説「二人のカリスマ」は面白いと思う。

本号は藤田俊雄による大木将史に対しての考察
がメイン。

将史の資質を「徹底力」の言葉で表現している。
問題意識を持つと実現まで徹底する資質。

その先に、一歩踏み出す社員がどれだけいるか。
客が買ってくれないならどうしたら客を呼込み、
商品を手に取らせ、財布の紐を緩めさせるか。

そこまで徹底して考え、実行する社員は極めて
少ない。

漠然と前例踏襲の仕事を繰り返すだけだ。変化
を嫌っているわけではない。

分かっていてもできない、やらないことが世の中
には溢れている。

分かってるなら一歩踏み出すべきなのだ。結果は
大きな差になって表れる。

0と1ではとても大きな差です。その点、私の会社
は滑稽です。

・変化するの苦手。
・前例踏襲が好き。

給与泥棒のバブル世代で溢れています。嫌になる。

日経ビジネス(2018年10月29日号)

救いようがないです。辞めたいです。




にほんブログ村